「ら~めん麺恋の酒田7号バイパス店」は経営者が大学生!メニューは少なめだが今後の活躍に期待

変わったラーメン屋さん

酒田にはこだわりの強い珍しいラーメン屋がたくさんあり、特に珍しいのが現役大学生が経営しているラーメン屋です。大学生が作ったラーメンは珍しいうえに興味をそそられますよね。本記事では他店と比べながら、「学生さんが作ったラーメンを食べてみたい」という方向けに紹介します。

「ら~めん麺恋の酒田7号バイパス店」の特徴はスタッフが大学生でメニューは今後も増える!

「ら~めん麺恋の」は国道7号線沿いにあるラーメン屋です。蛍光色の建物が特徴的です。

看板にラーメンの写真があるのでどんなラーメンなのか想像しやすいでしょう。

「ら~めん麺恋の」は酒田市内にある東北公益文科大学の大学生が企業したラーメン屋で、2023年12月にオープンしました。「大学生が経営するラーメン屋」というコンセプトということで、大体の方は「大学生が作ったラーメンを食べてみたい」と言う理由で来店するそうですね。

家族連れ用に、座敷席が用意されています。

お子様向けのイスも用意されています。お店に入ってすぐ右にキッズスペースがあるんです。だから小さいお子さん連れの方でも安心できます。

席は合計で26席あり、座敷席とテーブル席の2種類のみです。ラーメン屋によくあるカウンター席はありません。

支払方法は現金のみとなっています。また会計の際に、食べ終わったら自分で返却するようになっています。カフェと同じ自分で片付けるスタイルでいいですね。

上記の写真の飴ですが、有料で150円(税込)で販売しています。おそらく子供向けに売っているのでしょう。食べてみるとイチゴやレモンなどの4種のフルーツ味がしました。

飴を150円で販売するのは、個人的には衝撃を受けました。飴はラーメンを食べた後のお口直として、購入するのにいいでしょう。

飴は、返却口の棚の所に置いてあります。飴が気になる方はぜひ試してみてください。

おすすめはW塩らーめんでアルコールの提供アリ!

私は「W塩らーめん」を注文しました。ほかにも「W塩背油らーめん」や「Wゆず塩らーめん」などあります。もう少し多く食べたい方向けというレベルアップのメニューだと、「W塩W背油らーめん」と「W塩のりらーめん」、その他トッピングサービスもあります。ちなみに最近は担々麺と醤油ラーメンがメニューに増えました。

塩系だけでなく、しょうゆ系のメニューもあります。

お水は基本的にセルフですが、ソフトドリンクとアルコールの提供もあるのが「ら~めん麵恋の」の特徴です。

お昼にラーメンを食べながら、気軽にビールやハイボールが飲みたいという方はぜひ行ってみてください。ちなみに、ビールはキリンビールが飲めます。もちろん、お昼から飲めますのでお昼にお酒が飲みたい方は「ら~めん麺恋の」は特におすすめです。

ら~めん麵恋のInstagramのアカウントもありますので最新情報をチェックしたい方はフォロー必須です。

小さいお子さんを連れても大丈夫!

「ら~めん麺恋の」はお子様連れの方に入りやすいラーメン屋で、キッズスペースがあります。酒田市内のラーメン屋でキッズスペースがあるのはかなり珍しいですし、お子様にも安心してラーメンを食べさせることができます。

ラーメン屋に行く時にまず思うのが、「小さい子供を連れていきたいけど、子供用の茶碗とかあるのかな?」や「キッズスペースがあるか気になる」など、心配する部分はたくさんあるでしょう。

ですが、安心してください。「ら~めん麵恋の」は子供用のイスもありますし、お子さんが遊べるスペースもあるので、お子さんの面倒を見ながらラーメンを食べられるのは親御さんにとってはありがたいですよね。

「ら~めん麺恋の酒田7号バイパス店」の住所と行き方

・住所は山形県酒田市亀ヶ崎5-14-23

・営業時間は11時~14時までです。

・土日は14時30分まで営業しています。基本的に、年中無休で営業しているようですね。

たった4時間しか営業しないので、食べに行くなら11時半頃早めに行った方が良いでしょう。

「ら~めん麵恋の」国道7号線沿いにあるラーメン屋なので、休日など買い物帰りや仕事の休憩中でも行くことができます。

隣にはタマホームがあり、向かい側にドラッグセイムスがあります。

駐車場は10台ほど停めることができます。

他地域でも大学生が経営するラーメン屋がある

実は近畿大学大阪キャンパスでも大学生が経営するラーメン屋があります。「近大をすすらんか。」という店名で、店長と料理長共に大学生です。

こちらは「学生飲食店起業支援プロジェクト」という企画の中で2021年10月にオープンしたそうです。コロナ渦をきっかけに起業し、老若男女問わず人気です。

メニューは「ら~めん麵恋の」と同様に多くはありません。普通のラーメン屋より少ない方でしょう。ちなみに「近大をすすらんか。」は券売機で購入するタイプで、購入スタイルは「ら~めん麵恋の」とは違います。

「ら~めん麺恋の酒田7号バイパス店」のまとめ

大学生が実際にラーメン屋を開業するのは、かなり喜ばしいことではないでしょうか。また普通のラーメン屋にはないお子様向けのスペースやイスが用意されているのは子育て中の親御さんの気持ちも考えられていて、かなりお客様の事を考えているのではと思いました。

メニューは決して多くはないですが、醬油ラーメンや担々麺のメニューなど今後増えていきますので楽しみですね。

ビールがお昼から飲めるのは世の中のラーメン好きやお酒好きの方にとっては、嬉しいですね。またお店でラーメンを食べながらソフトドリンクを注文できるのは少し贅沢だと思います。

今後の大学生達の活躍に期待したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました